フォローする

回答の分析図 ~ Anatomy of an Answer ~

By Anh Nguyen |

JustAnswer は多くのリピーター(2 回以上 JustAnswer に質問を投稿するユーザー)により支えられており、その数は日々増えています。彼らがサイトに再び訪れ、JustAnswer の専門家に助けてもらいたいと思う理由を考えられたことはありますか?精力的に活動している専門家の活動内容を『ユーザーへの返信』というハードな部分と、『質問者へのアプローチや言葉遣い』といったソフトな部分に注目して分析しました。下記がその結果をまとめたものです。常識の範囲内?という感じもありますが、ご参照いただき、ご自身の回答や質問者への対応内容を見直すきっかけにしていただければ幸いです。

Screenshot_2017-03-17_14.14.53.png 

  1. Voice(トーン):質問者の専門家に対する敬意と期待を裏切らないよう、マナーを守った誠実な対応を心がけましょう。【例】ご投稿ありがとうございます。わかりやすい回答、解決に導く前向きな回答ができるよう、最善を尽くします。
  2. Listening Ears(聞く耳を持つこと):質問内容を最後まで読み、ユーザーの意図・要求を正しく理解しましょう。【例】***という状況のようですね。適切な対応方法をご説明するため、○○と××、それから##をお知らせ頂けますか?
  3. Body(回答内容):質問されている内容には全て回答しましょう。【例】最初の質問に関しては×××ということになります。2番目の質問は、○○○であると判断できます。
  4. Heart(心のこもった対応):質問者の気持ちを汲み、代案や実用的な情報を提供しましょう。【例】***とは、とてもお辛い状況ですね。心身ともにお疲れのこととお察しします。状況を好転されるため、まずは××を試みるのが一般的です。また、○○を試される方もおられます。
  5. Helping Hand(手助け):回答を補足する情報が掲載されたページのリンクは写真、お役立ち情報を提供しましょう。【例】下記のページに回答の根拠となる情報が掲載されています。また、文章ではわかりにくい部分もあるかと思いますので、写真を添付しています。
  6. Feet(最後に):回答の最後には必ず、質問全てに回答できているか、また質問の意図を理解できているか再確認し、それを補足する締めくくりの文章を入力しましょう。【例】ご不明点や補足説明が必要な場合は、お気軽にご連絡ください。また何か困ったことがあれば、お気軽にお尋ねください。

 

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています


他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント